So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

むくげ [植物]

庭木や公園樹などでお馴染みの花木。南アジアから中国にかけてが原産の10m以上になる「あおい科」の木本で、漢字では「木槿」と書きます。

個々の花は一日花ですが、初夏から秋まで暑さに負けず絶えること無く咲き続けるため韓国語では「ムグンファ(無窮花)」とも言います。

(2016/07/28 神戸市の市街地)

この花は一般的なものより大輪。


ひめさゆり [植物]

ささゆり」を小ぶりにしたやや色の濃い花を咲かせます。

山形、新潟、福島の県境の山地の特産で、5~8月に開花します。草丈は40cm程。

(2016/05/20 六甲高山植物園の植栽品)

名前は「小さな笹百合」の意味で、「ささゆり」の別名「さゆり」からきているそうです。


あやめ [植物]

あやめの花

美しさに甲乙つけ難い事をたとえる言葉、「いずれが菖蒲(あやめ)杜若(かきつばた)」の一方、「あやめ」の花です。

印象が似ていますが、「あやめ」はどちらかと言えば草原の花で、「かきつばた」のように水辺や水中に生えることはありません。また、「あやめ」の名は花弁の網目(綾目,文目)模様からついたとも言われこの花の特徴ですが、「かきつばた」には花弁の中央に黄色または白色の筋があるだけで網目はありません。

(2016/05/21 六甲高山植物園の植栽品)


あまどころ [植物]

同じ仲間の「なるこゆり」によく似ていますが、草丈が30~80cmと一回り小さい姿をしています。
(2016.05.20 六甲高山植物園の植栽品)

あまどころ
「あまどころ」の茎の棱

茎に棱(角)がある点が「なるこゆり」とは異なります。

花期は「なるこゆり」よりやや早く4~5月です。

(2016.05.20 上左とも六甲高山植物園の植栽品)


ラナンキュラス [植物]

アネモネを八重にしたような豪華な花が特徴のラナンキュラス。アネモネにはない黄色やオレンジなどもあって、群植すると華やかです。
(2011/04/24 神戸市の市街地)

散歩の道端で見かけたオレンジ色の鉢植え。

(2016/02/02 神戸市の市街地)


前の5件 | -
メッセージを送る